仙台の旧市街地に建つ老舗パン屋さん広進堂のパン

今回はJR仙台駅から南の位置にある若林地区へ行ってきました。

 

若林地区の始まりは仙台藩祖である伊達政宗公が晩年、仙台城とは別にこの地区に若林城を作り、その城下町として栄え、今でも古くからのお店がたくさんあるエリアです。

 

まずこちら、広進堂。

レトロな雰囲気のお店です。

 

この広進堂、創業は明治18年だそうで130年余の老舗ベーカリーとして地元の方にも人気のパン屋さんです。

 

中には惣菜パンや菓子パンなどが並び、食パンも大きなサイズのものが売っています。

 

また和菓子やラスクなども売っていました。

 

お店ではおばあさんが一人で切り盛りしていたのですが、それぞれにパンの事を優しく説明してくれました。

 

そして買ってきたパンはこちら。

桜あんパン カレーパン 豚パン

 

あんパンは広進堂の名物だそうで、この桜あんパンも甘しょっぱい感じがとても美味しいです。

 

桜の香りもすごくいいですね。

 

カレーパンも外はカリカリで昔ながらの美味しいカレーパンでした。

 

豚パンを買うときにお店のおばあさんに「豚パンって中は何が入っているんですか?」と聞いたら、「豚まんの具が入ってるんだよ」と教えていただきましたが、一口食べてみると、本当に豚まんの味そのままです。

 

外側はパンなので、食感にやや違いがありますが、味は豚まんそのもの。

 

具の中に紅ショウガが入っていて、それがアクセントになっているのもすごく美味しかったです。

 

ご飯の準備をしていると、子どもはおなかが空いたのか、カウンターのところまで椅子を持ってきて、その椅子の上に立ち上がり……、

パンを指差しして何かを訴えていると思ったら……、

パンをつまんで……、

パクッ。

「ウンウン、おいちいおいちい」って言いながら食べ始めてしまいました。

 

お店の雰囲気もそうですが、パンの味も昔ながらのどこか懐かしい感じの広進堂でした。

 

広進堂 宮城県仙台市若林区荒町28