JIDAI online > 時代から探す > ・明治 > 西南戦争の年 明治10年創業 粟野商店の湯葉重ね豆腐

西南戦争の年 明治10年創業 粟野商店の湯葉重ね豆腐

JR古川駅から西に行ったところに1軒の老舗豆腐店があります。

粟野商店です。

 

この粟野商店は明治10年(1877年)に創業した老舗の豆腐店です。

明治10年は西郷隆盛で有名な西南戦争が起こった年ですね。

 

粟野商店は創業以来、水や原料にこだわりこの地で豆腐を作り続けてきたんだそうです、たしかにこの辺りは水路や川も多く、水を見てもかなりきれいなんですよね、豆腐屋さんをするにはすごく良い土地なのかもしれません。

 

お店の建物は大きいのですが、お買い物ができる部分は左のところ、あとは工場などでしょうか。

 

ここから入ります。

 

店内に入ると、ショーケースにお豆腐や油揚げなどが並んでいます。

お豆腐屋さんなので普通のお豆腐がいいかな、とも思いましたけど、オススメっぽい普通っぽくないお豆腐にすることにしました。

 

それがこちら。

湯葉重ね豆腐

 

なんでしょうね。

湯葉なのか、豆腐なのか、はたまた両方なのか……、パッケージを開けるとわかるかも。

 

う~ん……、わかりませんね(笑)

でも湯葉でも豆腐でもどっちも好きなので、まず外しはしないかなと。

老舗の豆腐店の商品ですからね、もちろんハズレがあるはずがないんですけど。

 

専用のタレも付いているので、そのタレをかけて食べてみたいと思います。

 

 

ああ、これは美味しい。

口当たりがなめらかで豆腐でもなく、湯葉ともちょっと違いますね。

大豆の味がすごく濃厚に感じられて、お出汁のタレとも相性は抜群です、マジで美味しい。

 

子どももたくさん食べていましたけど、子どもに食べられるのはちょっともったいないなぁと感じるほどの美味しさですね。

また食べたいなぁ。

 

粟野商店 宮城県大崎市古川南町1丁目1-3