JIDAI online > 商品から探す > ・和菓子 > 100年以上の歴史のある蔵の町の和菓子屋さん 阿部屋菓子店の梅羊羹

100年以上の歴史のある蔵の町の和菓子屋さん 阿部屋菓子店の梅羊羹

蔵の町並み、宮城県柴田郡村田町です。

 

 

 

今日はあいにくの空模様ですが、雨の蔵の町というのもなかなか風情があります。

 

今回の老舗はこちらです!

 

 

創業100年以上の歴史を持つ阿部屋菓子店です。

「梅羊羹」の看板が目立ちますが、何より「阿部屋菓子店」の文字がとてもいい雰囲気を醸し出します。

 

中に入ると、すごく美味しそうな和菓子がたくさん並んでいます。

 

 

「小京都」の暖簾もかかっていますね。

 

おいしそうな和菓子に目移りしてしまいますが、やはりここは名物である梅羊羹を。

 

「梅羊羹一つください。」と言うと、「はいよー」と女将さん。

お会計をして「ありがとうございました!」とお店を出ようとすると、「ちょっと待って!お昼時だからね」と雁月をおまけに一つ入れてくれました。

 

お腹が空いていたので雁月はその場で……

 

 

モチモチでかなり美味しいですね、甘いんですけど甘すぎず上品な味。

ちょっと小腹を満たしたいときにピッタリです、これは梅羊羹もかなり期待できそう……。

 

家に帰り、さっそく梅羊羹を開封……。

 

 

いいですね、シンプルイズベストですよ。

 

阿部屋菓子店の梅羊羹は村田産の梅を使っているのだそうです、ってか梅羊羹って初めて食べるんですけど、梅羊羹ってなんだ?

 

切って並べてみるとこんな感じに。

 

 

色がすごくきれいですね。

 

一口食べてみると、梅の甘さと香りがふわーっと。

美味しいですね、お茶請けにピッタリかもしれません。

 

口の中に入れていると、何だろう……梅の甘さが追いかけてくるんですよね。

最初は控えめな甘さだなと思っていても、どんどん梅の甘さが追いかけてきて追い抜いていくという感じ。

 

阿部菓子店の梅羊羹、本当に美味しかったなぁ。

若い人へって感じじゃないかもしれないですけど、年配の方への手土産にはすごくいいかもしれませんね。

 

梅羊羹の味の感想を聞かれたら、やっぱり……「うめー!」って感じでしょうかね(笑)

 

阿部菓子店 宮城県柴田郡村田町村田町15