明治創業の老舗お蕎麦屋さん こわめしやの赤飯

仙台市街地、一番町四丁目商店街とサンモール1番町商店街の間に、全長200mほどの商店街「ぶらんど~む一番町商店街」があります。

ぶらんど~む一番町商店街には、老舗デパート藤崎やアップルストアなんかもあるので、ある意味仙台の中心地と言えるのかもしれませんね。

このぶらんど~む一番町商店街に、広瀬通り側から入ってすぐのところにある「こわめしや」へ行ってみました。

こわめしやは明治時代に創業、現在3代目のご主人がやっているお蕎麦屋さんなんですが、お蕎麦のほかに赤飯が有名なんだそう。

お持ち帰りもできるようなので、店内に入り赤飯を注文。

待つ席も時代を感じることが出来ます。

店内はテーブル席やカウンターが並び、広々としています。

お座敷もあるので小さな子どももOKです。と店先にも書いてありました。車いすの方でも大丈夫なようで、ありがたいですね。

待つこと数分で赤飯を持ってきてくれます。

で、買ってきた赤飯がこちら。

赤飯 625円

シンプルイズベストとはまさにこれの事。

色は通常の赤飯よりも薄い赤という感じですね。

ちなみに店名である「こわめし」とは「強飯」と書くらしく、強飯とはおこわとか赤飯のことだそうです。

「強飯(こわめし)」。最近はあまり聞きませんよね、私も初耳でした。

ともあれ店名の由来ともなったこわめし、美味しくないはずがありませんよね。

食べてみると、もち米のもちもち感と小豆の風味が絶妙にいいですね、持ち帰りだったので冷めていましたが、冷めていてもすごく柔らかくて美味しいです。

小豆もふっくらしています。

私は赤飯が昔から好きですからね、その魂はもちろん子どもにも遺伝しています。

手づかみでパクパク食べていました。

お持ち帰りすると、今度はお店で食べたくなるんだよなぁ……。子どももOKなお店だし、今度家族で行こうかな。

 

こわめしや 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目11−14 丸和ビル 1F