JIDAI online > 時代から探す > ・大正 > 大正4年に創業したスイーツ工房大正堂のはんじゅくチーズ

大正4年に創業したスイーツ工房大正堂のはんじゅくチーズ

宮城県大崎市南部に「三本木」という地名の場所があります。

 

 

一般的には「六本木」が有名ですが、「〇本木」という地名は全国にあり、その中の一つ三本木はこの宮城県大崎市にあります。

 

今回、三本木周辺で100年以上続く老舗はないものかと探してみたのですが……、ありましたね。

 

 

こちら、スイーツ工房大正堂です。

 

スイーツ工房大正堂は大正4年(1915年)に創業した老舗菓子店です。

大正4年は前年に始まった第1次世界大戦の真っただ中ということになりますね、第1次世界大戦はその後大正7年まで続いていきますが、そんな中創業したのが大正堂です。

 

やっぱり大正時代に創業したから大正堂なんでしょうか……、聞いてくればよかったな。

 

店内に入ると、和菓子、洋菓子、さらに惣菜パンなどが所狭しと置いてあります。

バースデーケーキの受注生産もおこなっているようで、バースデーケーキの写真もたくさんありますね。

 

こういうお菓子屋さんに来るとどれにしようかと迷ってしまうんですよね、いろいろな商品を見渡してみて、あとは自分の感覚を信じていちばんおいしそうだと思ったこちらを購入。

 

はんじゅくチーズ

見た目がひよこみたいで可愛いです。

 

包みを開けてみると……。

わあ、きれい。

 

口に入れてみると、とろけるほど柔らかくてふわふわですね。

うんうん、美味い!

そこまで甘すぎず、上品な感じです、甘い卵焼きのようで、でもふわふわ感がヤバいですね。

 

なんだかんだとあっという間に食べてしまいました。

和菓子とも洋菓子とも言えない、でも美味しいお菓子でした。

また食べたいです!

 

 

スイーツ工房大正堂 宮城県大崎市三本木北町20