仙台市街地の中心で堅実に商いをおこなう大竹園茶舗の緑茶

仙台市街地の中心地、老舗デパート藤崎からすぐ近くの場所に老舗のお茶屋さんがあります。

こちら明治3年(1870年)に創業した老舗茶舗、大竹園です。

仙台市街地ですが、堅実にひっそりと存在しています。

中に入ってみると、時代を感じる店内……。

特に年代を感じる提灯……。

 

置いてあるお茶は緑茶から玄米茶、梅昆布茶など様々な種類の物が並びます。

緑茶でも十数種類、さらにそれらに新茶も加わり、とてもじゃないですがお茶の素人である私は選ぶことが出来ません……。

 

対応してくれたおばあちゃんが「これがやっぱり一番売れているかねぇ」と勧めてもらったり、アドバイスをいただきながら選んできました。

 

こちらです。

お茶(新茶)500g 810円

 

パッケージを開けてみると、お茶のいい香りが広がります、これは堪りませんね。

お茶は夜まで待たなくてもいいですからね、昼間っから飲みまくりますよ!

ということで、お茶を淹れてもらいました……。

 

きれいな色ですね、すこし黄みがかった緑です。

それではいただきます。

 

ああ、ほっとします。

日本人に戻る瞬間とでも言いましょうか、もちろん普段から日本人ですが。

でも本当にリラックスが出来ます、それぞれだと思いますが、私は休憩時にはコーヒーよりもお茶のほうが落ち着くような気がします。

 

我が家には湯飲みがないので、これもコーヒー用のカップで飲んだんですけど、やっぱり湯飲みのほうがより雰囲気が出ますよね……。

よし、次は湯飲みだな、湯飲み!

 

大正園 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目4-4