JIDAI online > 地域から探す > ・宮城県仙台市 > 創業当時からのずんだの味を守り続ける御菓子老舗ひろせのずんだ餅

創業当時からのずんだの味を守り続ける御菓子老舗ひろせのずんだ餅

なんだか改めて仙台名物を考えてみると、牛タン、笹かま、萩の月……と、本当にいろいろなものがあると感じます。

今回行ってきた御菓子老舗ひろせの「ずんだ餅」も言わずと知れた仙台名物。

お土産にも大人気で仙台駅のお土産屋さんコーナーでも様々なものが売られています。

ずんだとは枝豆をすりつぶして作る餡の事で、このずんだ餅は主に南東北を中心とした郷土菓子らしく、現在では仙台の三大名物の一つ(牛タン、笹かま、ずんだ餅)だそうです。

そのずんだ餅を手に入れるため、創業明治42年(1909年)の御菓子老舗ひろせに行ってきました。

御菓子老舗ひろせは仙台市街地から車で10分ほど、作並街道をちょこっとだけ路地に入ったところにあります。

こちらがお店。

店内ではずんだ餅のほかにも笹ゆべし、胡桃ゆべしやずんだ饅頭などもあります。

今回のお目当てはずんだ餅なので、ずんだ餅を購入。冷凍だそうで常温で5時間解凍してから食べることが出来るそうです。

そして5時間解凍したずんだ餅がこちら。

ずんだ餅5個入り 818円

サイズは小さめの駅弁サイズといったところで、お土産にも本当に最適ですよね。

開けてみるとこんな感じに。

ずんだの色がきれい。

ずんだの下にお餅が入っていますが、とにかくたっぷりのずんだですね。

食べてみると、ずんだの程よい甘さとお餅の食感がすごくいいですね、まさにこれぞまさにずんだ餅ではないでしょうか。

御菓子老舗ひろせのずんだは自家製餡しているそうで、創業当初からの味を守り続けているのだとか。

100年前の人たちも、こんなに甘くて美味しい御菓子を食べていたんですね。

ちなみに我が家でもずんだ餅は大人気。

下の子はまだお餅は食べられないのでずんだだけですが、真剣な顔をして食べていました。

御菓子老舗ひろせ 本社工場 仙台市宮城野区大梶2番11号