日本に初めて百獣の王ライオンが来た年 明治35年創業 薮天の冷やしたぬき蕎麦

今回は地下鉄南北線で仙台駅から2駅、愛宕橋駅にやってきました。

 

 

車だと仙台市街地から10分ほどのところにあります。

 

この愛宕橋駅のすぐ横の路地を入ったところに1軒の老舗があるんです。

それがこちら、薮天(やぶてん)です。

 

 

薮天は明治35年(1902年)創業の老舗蕎麦屋。

明治35年は東京の上野動物園に初めてライオンが来た年。

ドイツのハーゲンベック動物園からライオンやホッキョクグマ、ダチョウなどを購入したそうですが、日本にライオンが来たのはこれが初めてで、当時ライオンは大変な人気となったようです。

たしかに初めてライオンを見たらびっくりしますよね。

 

 

そのころからお蕎麦屋さんを続けている薮天。

 

 

ランチのサービスもやっているみたいです、まだお昼前ですが早めの昼食ということでお店に。

 

店内はテーブル席のほかにお座敷席もあります。

駅近なので、夜もたくさんのお客さんが来るのでしょう。

 

 

ランチサービスのえび天ざるにしようか……それとも冷やしたぬきにしようか……、迷いましたが今回は冷やしたぬき蕎麦を注文。

ご主人に注文して待つこと10分少々……。

 

 

来た!冷やしたぬき蕎麦です。

冷やし中華みたいな感じですが、麺はちゃんと蕎麦です。

 

食べてみると蕎麦はコシがあって食べ応えがある感じ、たぬきがサクサクで本当に美味しいですね。

 

 

そして何よりもこの紅生姜、これが味のアクセントになっててするする食べられます。

ボリュームもあって平日の昼食にピッタリですね。

 

あっという間に食べ終えてしまいました、ご馳走様でした!

 

今回薮天にはランチタイムに伺いましたけど夜はお酒飲めたりするみたいですね、まぁ昼でも飲んでよいのかもしれませんけど……。

愛宕橋駅徒歩0分の好立地、今度はお酒飲みに夜の時間帯も伺いたいと思います。

 

薮天  宮城県仙台市若林区土樋71