東北本線が開通したころ 明治中期創業 二代目餅萬の中華そば

今回はJR仙台駅周辺に来ています。

 

 

こちらは仙台駅の東側。

巨大なアーケード街のある西口と違いこちら東口はちょっと落ち着いた雰囲気。

 

駅から徒歩3分ほどのところにある老舗に伺ってきました。

 

それがこちら、二代目餅萬です。

 

 

二代目餅萬は明治中頃に創業したという老舗の中華料理屋。

東北本線が開通し、それに伴い仙台駅が開業したのが明治20年なので、ちょうどそのころ創業したということになりますね。

 

二代目餅萬は創業当初、青果物や酒、乾物、雑貨などを扱うお店として創業し、その後中華料理店になったのだそう。

 

 

お店の前は自動ドアですが、中に入るとこんないい雰囲気の看板も。

 

 

お店の歴史が書かれています。

「二代目」というのは一度休業を挟んだのちに新店舗を構えたからなんですね。

 

店内に入ると、広々としていてかなりきれいです。

券売機で食券を買い、店員さんに渡します。

 

待つこと15分……。

 

 

来ましたね!半チャンラーメン。

 

 

こちらは中華そば、美味しそう!

スープが透き通っています。

 

一口食べてみると、あっさりしているのにコクのある味。

昔ながらの中華そばという感じです。

最近はやたらと派手なラーメンが持て囃されていますが、こういうシンプルな中華そばがいいんですよね。

チャーシューも主張しすぎずラーメンの引き立て役に徹している感じが素晴らしいです。

 

 

さらにこちらの半チャーハンもかなり美味。

シンプルで昔ながらと言ってしまえばそれまでなのですが、この中華そばと組み合わせることでものすごい満足感を得ることが出来ます。

ホント美味いなぁ。

 

 

もう本当にあっという間に食べ終えてしまいました。

シンプルだけれども決して薄味なわけではなく、”昔ながら”という言葉がぴったりくる半チャンラーメンセット、とても美味しかったです!

ご馳走様でした!

 

二代目餅萬 宮城県仙台市宮城野区元寺小路305-10