東照宮宮町で江戸時代から続く商家 鈴憲味噌醤油醸造の仙台味噌

先日伺った仙台味噌の阿部幸商店のすぐ近く、東照宮の宮町通り沿いにはもう1軒、味噌の老舗がお店を構えているんです。

阿部幸商店から仙台駅方面に徒歩3分ほどの距離でしょうか、創業明治35年(1902年)の鈴憲味噌醤油醸造です。

立派な佇まいのお店ですね。

この鈴憲味噌醤油醸造、創業は明治35年ですが、もともとは江戸時代から続く商家だそうです。

建物2階の格子になっている部分、これ実は外からは2階建てに見えないようにしているのだとか。

ここは東照宮の参道なので、参拝客やお殿様を見下ろしていませんよ、と見せるために2階部分は格子で隠されているのだとか。

たしかに近くで見てみると2階部分だとは感じないんですよね、不思議です。

中に入ってみると、味噌と醤油がそれぞれ二種類ずつ、あとは贈答品用の詰め合わせが置かれていました。

その中の一つ、鈴憲味噌醤油醸造の味噌を購入。

仙台味噌 1kg 700円

鈴憲味噌醤油醸造では現在、製造は委託でおこなっていてこのお店では販売のみとのこと。

先日行った阿部幸商店や、以前に行った庄司醤油店の味噌、両方とも味噌汁にしましたが、今回はどのようにして食べようか……。

味噌の味を確かめるためには味噌汁がいいのかもしれませんが、ここはちょっと違う調理法で何かないものか……。

この鈴憲味噌醤油醸造で、味噌の冊子を貰ったのですが、その冊子の中に「味噌はシンプルに焼いて食べるのが美味しい」と書いてあったので、焼いて食べることに。

味噌とマヨネーズを合わせてソースを作り……

パンに塗ります。

野菜を並べてオーブンへ……。

出来ました!味噌ピザトーストです。味噌の香ばしい香りがほのかにします。

食べてみると、味噌の味がトーストのカリカリと合わさってすごく美味しいですね。

野菜も優しい感じの味になります。

子どもも大きな口を開けて美味しそうに食べていました。

味噌というと、真っ先に味噌汁が頭の中に浮かんできますが、豚の味噌漬けだったり味噌炒めだったりいろいろなレシピがあるんですよね。

ここは仙台味噌の本場ですからね、仙台味噌を使っていろいろな料理にもチャレンジしたいと思います。

鈴憲味噌醤油醸造 宮城県仙台市青葉区宮町2丁目2番4号