JIDAI online > 地域から探す > ・宮城県仙台市 > 文芸誌「白樺」が創刊された明治43年に創業 まるまつのとんかつ

文芸誌「白樺」が創刊された明治43年に創業 まるまつのとんかつ

宮城県内を車で走っているとよく見かける「まるまつ」。

どこに行っても幹線道路沿いに建っていて、仙台市内を中心に宮城県内や東北の他県にも進出している和風ファミリーレストランですが、まるまつの運営会社はカルラという会社で、元を辿ると明治43年(1910年)、仙台市内に「丸松そば店」として創業したのだそう。

カルラはまるまつ以外にも「かに政宗」、「かつグルメ」、「ビッグステーキ」などなど、仙台市を中心に飲食店を多数経営している会社です。

 

明治43年は武者小路実篤、志賀直哉らが文芸誌「白樺」を創刊した年。「白樺派」なんて言葉も教科書に出てきますよね。

そんな年にまるまつの創業者の方は、仙台の中心地、南町通で「丸松そば店」を開業したのだとか。

今ではまるまつだけでも140店舗以上もあるようです。

 

ということで、近所のまるまつにお昼ご飯がてらやってきました。

 

 

ちなみに私は仙台に来て半年が過ぎましたが、まるまつ初体験です。

 

まるまつは和風ファミリーレストランの名のとおり、和食メインのファミレスです。

そば、うどん、かつ丼、寿司、てんぷらなど。

今は時期商品なのか、うな丼とか枝豆ご飯とか、あとはフライドポテトとかから揚げなどのおつまみメニューだったり、とにかくいろいろ置いてあります。

 

以前、「まるまつはとんかつが旨いんだよ」という話を聞いたことがあるんですよね。

たしかに系列の「かつグルメ」はとんかつ専門店ですので、そのノウハウはあるはず……。

 

と、いうことでこちら。

 

ロースかつ定食。

 

 

おおおおお……たしかに旨そうですね。

いただきまーす!ということで私も一口もらうと、衣がサクッと軽くて本当に美味しいとんかつです。

定食のご飯もボリューム満点ですよ!とんかつおかわりしたいくらい。

 

あ~、やっぱり私もとんかつにすべきだったな……。

 

え?とんかつ食べに来たんじゃなかったのかって?

そうなんですけど、このとんかつ定食は妻が頼んだものでして……。

 

私はこちらを。

 

 

カレーライス+ミニラーメンセット。

 

なんかおなかが空いていると、こういうのになっちゃうんですよね、男って。

 

でも、とんかつに負けずカレーも素朴で懐かしいカレーといった味わいで、私の好きな感じでした。

ミニラーメンもかつおだしかなぁ?すごく効いていて旨いんです、食欲そそるような香りが麺をすする前にふわっと来るんです。

 

値段もホントリーズナブルだし、おつまみ系もたくさんあるし今度はまるまつ飲みでもしようか、なんて話をしていたらメニューの横にこんなものが。

 

「15時~21時 生ビール半額」。

 

17時までとかならよく見かけますけど、21時まで生ビール半額って、これほとんど生ビール半額みたいなもんじゃないですか、ビックリ。

どういう意図でやっているのか、頭が混乱してしまいますが、お客さんとしては嬉しすぎるサービスですよね。

しかもハンドルキーパーさんはドリンクバー無料、気が利いてますよねぇ。

 

子どものメニューも充実だし、私、近いうちに必ずビール飲みに来ますよ。

 

 

和風ファミリーレストラン まるまつ愛子店 宮城県仙台市青葉区栗生7-1-5