JIDAI online > 地域から探す > ・宮城県仙台市 > 明治40年創業 地元で愛されるお蕎麦屋さん さん竹のざるそば

明治40年創業 地元で愛されるお蕎麦屋さん さん竹のざるそば

仙台市街地、一番町四丁目商店街には探せば探すほど老舗と呼ばれるお店が出てきます。

ここ、おそばさん竹もそのうちの一軒です。

さん竹は明治40年(1907年)に創業した老舗のお蕎麦屋さんで、創業当時は上海で開業したそうです。

 

その後、昭和22年に仙台のこの地にお蕎麦屋さんを開店し、それ以降仙台市民の方々に愛され続けているのだそうです。

とてもれいなお店ですね。

 

ちなみにさん竹の隣は以前藤崎の中のお店に伺った玉澤総本店でした。

こんなに近かったらこっちに来ればよかったなぁ……。

 

さん竹ではざるそばなど冷たいそばから、かけ、卵とじなど温かいそば、さらにせいろとか天丼など、お蕎麦屋のメニューが並びます。

 

お持ち帰りメニューもあるので、今回はお持ち帰りで……。

 

ということで、お土産で乾蕎麦とざる汁を購入してきました。

乾蕎麦 2人前 300円  ざる汁 3人前 400円

 

蕎麦は2人前なのにざる汁が3人前ということにちょっとモヤっとしますけども……、どちらもさん竹自家製です。このパッケージ見るだけでも美味しそうです。

 

ざる汁は「絶対にうすめないでください」と注意書きが……。

麺が茹であがるのを待って、食べてみたいと思います。

でもこうやって考えてみると、お蕎麦ってこんな簡単調理で出来上がりなんですね。

 

ここまで来るのにすごく様々な工程を経ているんだと思いますけど、簡単に調理出来て美味しい料理だからこそ長く愛されるのかもしれません。

 

出来上がりました、ざるそばです。

美味しそうです。

一口食べてみると、こしがあってツルツルで本当に美味しいお蕎麦です。

 

お店で食べるのとはまたちょっと違うのかもしれませんが、蕎麦の香りと風味が最高にいいですね。

 

ちなみに、このお蕎麦2人前なんですけど、一人でペロッと食べてしまいました。

 

次はお店でも食べたいな。

 

さん竹 仙台市青葉区一番町4丁目9-24