初代国技館が開館した年 明治42年創業 雄新堂のクッキー

またまた宮城県北部にある南三陸さんさん商店街に来ています。

 

 

なんか明るい雰囲気でいいですね。

たこ、モアイ、うに、海鳥?カモメ?サメ?……、賑やかです。

 

南三陸さんさん商店街には、震災で被災した商店などが集まり営業を続けています。

 

 

東日本大震災でこの辺りは高台にある学校など以外すべて流されてしまい、今もまだ復興の途中なのですが高台を造成してこれからどんどん以前の明るい町になるのだと思います。

 

南三陸さんさん商店街の中にある100年以上続く老舗に今回も伺ってきました。

それがこちら、雄新堂です。

 

 

雄新堂は明治42年(1909年)創業の老舗菓子店。

明治42年は初代国技館が開館した年。

それまで現在の両国国技館の場所ではなく、本所回向院の境内に旧国技館がありましたが両国に現在の場所に国技館が開館したのが明治42年のこの年なのだそうです。

 

 

そのころから続く雄新堂の看板。

 

 

実は南三陸商店街の及善蒲鉾店のすぐ隣で営業をしています。

 

 

店内に入ると、和菓子、洋菓子、さらにパンなども置いてあります。

 

 

ケーキもすごく美味しそうですよ。

ああ、ケーキも食べたいけれども生菓子は持って帰るのにちょっと時間もかかるので……今回はこちらを購入してきました。

 

 

島めぐりというクッキーです。

それぞれ志津川湾の島の名前が付いていて、それぞれに味が違います。

あ、松島は志津川湾ではないのかな……?

 

食べてみるとサクッと軽い食感ですごく美味しいですね。

椿島はチョコチップが入っていて、ほろ苦いチョコがクッキーにピッタリです。

 

 

3歳の娘はなんでしょう……、無言で松島を開けようとしています、食べていいよとも言っていないのに。

なんだか目が怖い……。

 

 

袋を自分一人で開けて勝手に食べ始めました。

松島はチョコ味のクッキーなんですね、私も一口もらいましたが甘くてホント美味しい。

癖になる味ですね。

 

今回伺った雄新堂では和菓子、洋菓子といろいろ売っていましたが、その中でも特に評判がいいのはパンなのだとか。

次回南三陸さんさん商店街に行ったときにはパンを買いたいと思います。

 

 

雄新堂 宮城県本吉郡南三陸町志津川字五日町201番地5(南三陸さんさん商店街内)