現在の靖国神社である東京招魂社が創建された年 明治2年創業 菅野食品のスモークとうふ

今回は仙台市街地から東へ車で20分行ったところにある仙台港の近くまで来ています。

 

 

仙台港の近くは東日本大震災で大きな被害を受けた地区で、きれいに整備されているところもあれば、まだこのように復興途中の場所もあります。

 

この仙台港の近くに100年以上続く老舗があるんです。

それがこちら、菅野食品です。

 

 

菅野食品は明治2年(1869年)創業の老舗豆腐店。

明治2年は現在の靖国神社である東京招魂社が創建された年。

元は戊辰戦争の官軍側の戦死者を祀る神社として創建されましたが、現在は戦争による戦死者など日本国のために散っていった英霊を祀る神社、靖国神社として現在もその地にあります。

 

 

菅野食品の事務所です、奥には工場も広がります。

豆腐の製造、卸をやっていて宮城県内で売られていますがここでも買うことが出来るみたいです。

 

 

やっぱり三角あぶらあげがありますね、美味しいですからね。

他に木綿、絹豆腐もあるんですけど気になるものが……。

「スモークとうふ?」

 

お店の人が言うには、チーズのような風味があっておつまみなどに良いとのこと。

なんだかわかりませんけど美味しそうですね……。

 

ということでこちらを購入してきました。

 

 

スモークとうふです。

切れているものと切れていないものがあったのですが、今回は切れているものを買ってきました。

 

 

やはり大豆はミヤギシロメ。

 

このスモークとうふをちょっとおしゃれな感じに。

 

 

スモークとうふにアンチョビとトマト、マヨネーズ。

もう一方にはいくらときゅうりをのせてました。

 

 

食べてみると、アンチョビの塩っ気とすごく合うんです、美味しい。

本当に豆腐と言うよりチーズのようです。

味は豆腐なんですけど食感はチーズ、スモークの香りもしますし。

 

これ本当に美味しいなぁ。

 

今度来客があった時とか、前菜として出したら評価が上がること間違いなしですね。

 

菅野食品 宮城県仙台市宮城野区蒲生1-5-9