JIDAI online > 地域から探す > ・宮城県仙台市 > 仙台の中心地で明治34年から続けている雑貨屋 荒岩本店で坊ちゃん石鹸

仙台の中心地で明治34年から続けている雑貨屋 荒岩本店で坊ちゃん石鹸

JR仙台駅を出てすぐにあるアーケード商店街、クリスロード。

 

ここはまさに仙台市街地の中心と言っていい場所ですが、この地に明治20年(1887年)創業の生活雑貨のお店「荒岩本店」があります。

結構ファンシーな見た目です。

 

生活雑貨、キッチン用品や衣料品、小物など数多くの雑貨を扱っている荒岩本店ですが、ここに今回は石鹸を買いにやってきました。

 

石鹸と言ってもただの石鹸ではありません。

 

宮城県名取市、創業明治34年(1901年)の畑惣商店で作られている「坊ちゃん石鹸」がこの荒岩本店で取り扱っているようなので、それを目当てに行ってきました。

 

坊ちゃん石鹸とは素肌へのやさしさにこだわった伝統的な製法で作られた固形石鹸で赤ちゃんから肌の弱い方まで安心して使える石鹸。

 

溶け崩れの少ない「枠練り法」という製法で時間をかけて作られているのだとか。

 

宮城県内はもちろん、他県でも特に女性はこの坊ちゃん石鹸の事を知っている方も多いみたいですね。

 

私は男なので初めて知りましたが……。

 

店内を探して坊ちゃん石鹸を購入。

 

こちらです。

坊ちゃん石鹸 純米酒粕石鹸 1個 1,239円

 

石鹸1個の値段の割にはかなり高い気もしますが、この純米酒粕石鹸は無添加釜出し一番にこだわった逸品だそう。

パッケージがかわいいですね。

 

この顔のマーク、「坊ちゃんマーク」というもののようですが、どことなく仙台四郎にも似ていますよね。畑惣商店は名取市なので仙台四郎ではないと思いますが……。

 

開けてみると、独特な香りがしますね、なんだか効きそうな……。

真っ白、そして坊ちゃんマーク。

 

ということで早速洗顔してみます。

ゴシゴシゴシゴシ……。

 

39年間、特に肌のお手入れなんてしたことなかったですからね、そう簡単に肌が変わるとは思えませんが……。

つるつる。

 

すごいつるつるですよ。なんだろう、39年分の汚れが落ちたかのような……。

 

冬場でも最近は、夕方ごろになるとテカテカしていましたが、すごくつるつるになっちゃいました。

 

洗顔フォームなどを使うと肌が突っ張ってしまいますが、そんな感じもなくしっとりつるつる。

我が子も喜んで(?)肌を触ってくれました。

 

今度は名取市の畑惣商店にも行ってみよう!

 

荒岩本店 仙台市青葉区中央2-6-1 荒岩本店ビル1F

 

畑惣商店 宮城県名取市愛島台1-2-5