文政小判が発行される前年 文政元年創業 本舗一之坂餅屋の栗だんご

今回も仙台市街地から車で1時間30分、宮城県大崎市鳴子温泉に来ています。

古くから温泉地として栄えてきた鳴子温泉なので、古くから商売をしている老舗もまだ残っているんですよね。

 

そのうちの1軒に伺ってきました。

こちら、本舗一之坂餅屋です。

 

 

本舗一之坂餅屋は文政元年(1818年)創業の老舗餅屋。

本舗一之坂餅屋が創業した翌年である文政2年には、時の将軍である第11代将軍徳川家斉のもと、金の含有量を下げた同じ価値の小判である文政小判を発行し、改鋳利益による幕府蓄財を図りました。

 

 

ものすごく歴史を感じる看板ですね。

古いものなのでしょうけど、すごく大切にされているのが伝わってきます。やっぱり看板というのは大事ですよね。

 

 

栗だんごは鳴子の名物の一つ。

以前鳴子に来た時、餅処深瀬でも栗だんごを購入しましたよね。

 

店内へ……。

 

 

栗だんごがメインですが、他にもお団子やおまんじゅうなども売っていて、若旦那さんが試食も勧めてくれます。

中には商品自体は売り切れていて、試食だけのものまで(笑)。「これ試食しかないけど食べていって!」と。

 

普通のおまんじゅうとかもすごく美味しかったのですが、やはり名物の栗だんごでしょ、ということで栗だんごを購入してきましたよ。

 

それがこちら。

 

 

栗だんごが6個しか入っていないはずなんですけどね、ずっしりと重いんです。

包みを開けると……。

 

 

みたらしにだんごが沈んでいます、これが栗だんご。

重さの原因もみたらしです。

 

 

まだほんのりと温かいんですよね、美味しそう。

 

 

すごく美味しそうですね、早速食べてみたいと思います。

……うんうん、美味い!

みたらしが程よい甘さでお餅がツルツル、そして中に入っている栗の食感もあって最高に美味しいですね。

 

一つ一つそんなに大きくはないんですけど、結構食べ応えがあるのでかなり満足度が高いです。

ふ―、ご馳走様でした。

 

今回伺った本舗一之坂餅屋は長い歴史を持つ老舗ですが、本当にアットホームなお店で立ち寄りやすいというか。

また鳴子に行くときには必ず寄らせてもらいますね。

 

本舗一之坂餅屋 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷35-1